リアルとオンラインの橋渡しが成功の秘訣

http://blog.samaltman.com/electrons-and-atoms

1 comment | 0 points | by Jshiike 約4年前


Jshiike 約4年前 | ▲upvoteする | link

最近うまく行っているスタートアッップビジネスに共通する特徴として、リアルとオンラインをうまくつないでいるサービスが挙げられてます。


TaxiサービスのUber社。タクシーが頻繁に道路に走っていて、すぐにつかまえられるし、電話で呼んだ場合も確実に約束とおりに迎えにきてくれる日本とは違って、米国でタクシーつかまえるのは大変です。それと現金文化の日本でタクシー代をキャッシュで支払うのは問題ないでしょうが、クレカ文化の米国でクレカが使えなくてキャッシュで支払いをしなくてはいけなくなったときはかなり苦痛です。そこで、スマホでタクシーを呼んだら確実に迎えにくるのをトラッキングできて、支払いも登録してあるクレカで済ませることができるUberはかなり画期的でした。


もう一つはAirbnb社。お客さん用のベッドルームがある家が標準的な米国の家庭でが気軽に部屋を短期宿泊に貸せるインフラができたのは大きいと思います。


(企業向けのソフトウェアや開発者向けのツールを除いて)オンラインだけに頼ったビジネスのほうが失敗する可能性が高いのではないかという意見です。


個人的にはタイミングは重要だと思います。セカンドライフはオンラインだけのビジネスが敗因だったというよりは、参入が早すぎただけ。上場して一世を風靡して瞬く間にいなくなったWebvan (ネットスーパーの宅送の先駆け)も10年後にはじめていれば面白いことになったかと。


ちなみにMark Andreessenの有名な”Software is eating the world" はWall Street Journalの有料ユーザでなくても閲覧できるようになったようです。

Electrons and Atoms
https://news.ycombinator.com/item?id=6291934

Back