良いProduct Managerと良いTech Lead

http://engineering.foursquare.com/2014/01/30/good-tech-lead-bad-tech-lead/

1 comment | 2 points | by WazanovaNews 約3年前 edited


Jshiike 約3年前 edited | ▲upvoteする | link

A16ZのBen Horowitzが、1996年にNetscapeのDirector of Product Managementだったころに、「Good Product Manager, Bad Product Manager」という名エントリーを残しています。また、これに倣って、FoursquareのJason Liszkaが、「Good Tech Lead, Bad Tech Lead」をまとめています。

自分達のあるべき姿を律するため、かつ、悪い手本にならないようにという自戒の意味をこめて、気に入ったポイントだけまとめてみます。

Bad Product Manager

  • 言い訳が多い。「予算が足りない。」「競合は開発陣が10倍いる。」「上が方向性を指示してくれない。」
  • 「どのように」プロダクト開発を進めるかで満足し、「何を」だすのかを簡潔明瞭に定義しない。
  • 「営業に1日中質問攻めにあって、疲れたよ。」と文句を言い、実は1日中、炎上のタネを社内にまき散らしている。
  • プロダクトが失敗に終わると、「そうなると思ってたよ。」と言う。
  • 売上/ユーザよりも、競合プロダクトがいくつの仕様を実装してるかにフォーカスする。
  • 実現不可能、もしくは最も難しい問題解決を開発陣に丸投げするようなプロダクトの定義をする。
  • 複数の問題をごっちゃにして一つにまとめてしまい、解決不能にする。

Good Product Manager

  • マーケット、プロダクト、プロダクトライン全体、競合を熟知し、知識と自信を強固なベースにもって仕事ができる。
  • 文脈(会社の状況、期待される売上、競合との関係等)を理解したうえで、プロダクトをだし、勝利のプランを実行する。(そして言い訳をしない。)
  • 簡潔明瞭にプロダクトは「何か」を定義し(「どのように」ではない。)、「何を」ローンチするのかマネッジする。
  • プロダクトの問題点をあらかじめ予想し、ソリューションを用意する。
  • 皆でものすごく頑張れば実現可能なプロダクトを定義する。
  • 問題の一つ一つをうまく切り分ける。

Bad Tech Lead

  • 技術的に一番おいしいところを自分のタスクにして、成果を我がモノにする。
  • 組織全体ではなく、チームの内輪だけで最適化をはかる。
  • 技術的な方向性を説明、明示したがらず、決定を押し付ける。
  • 結論のでない議論をひたすら放置し、チームの生産性を下げる。もしくは、「もう決めたことだから。」と議論をばっさり打ち切る。チームが正しい結論をだすよりは、自分が議論に勝つことに執着する。
  • 受け身な姿勢。権限を委譲しても、進捗をフォローしない。中間のマイルストーンを決めずに、最後の期限までにどうにかなることを祈っている。ローンチの直前に複雑なシステムのend-to-endテストをする瞬間まで、待ちの姿勢で放置する。
  • 期限を守るために近道を選択するが、中長期で技術的な負債を膨れ上がらせる。
  • 「コードを書いてるときが生産性が最も高く、コミュニケーションは気が散るだけ。」とし、自分の作業のしやすさと、コミュニケーションによるチーム全体の生産性向上の、優先順位をはき違えている。
  • プロダクトの意思決定に積極的に関わらない。Product Managerやデザイナーに技術的な制約を理由に押し返すが、代替案を示さないし、説明もしない。
  • フィードバックを受けると対決姿勢になる。

Good Tech Lead

  • チームの成功が自分の成功とし、面倒で日の目を見ないタクスもやっつけて、チームが100%パワーを発揮できるようにする。重要なシステム知識が特定の人に偏らないように気を配り、チームの技術対応能力を広げる。
  • プロダクトの技術的な方向性をしっかり、メンバに理解させる。
  • 話をよく聞き、健全な議論を促す。議論が決着しないときは、結論をだすのに役立つようなプロセスや考え方のフレームワークを教えてくれる。
  • 積極的に取り組む。チームと一緒に仕事をし、問題点を早期に発見し、業務のかぶりを調整し、リソースの足りないところをしっかり検知する。
  • あるべきやり方と期限までに成果をだすことのバランスを理解している。
  • 期限を守って開発することと、コードのクオリティ、コードレビュー、テストは同様に重要だと考えている。
  • Product Managerとデザインチームとよく話す。彼らの要望を押し返すことはあるが、プロダクトのゴールを強く意識していて、いつ意見を取り入れないといけないか理解している。その際も、技術的な判断と彼らの要望のトレードオフをしっかり説明する。
  • 親しみやすい性格だが、しっかり意思決定はする。謙虚で、チーム全体に自信をつけさせてくれる。

[2013] ワザノバTop100アクセスランキング


#働き方 #a16z #foursquare

Back