アプリがすたれていくという論点

http://tech.fortune.cnn.com/2014/04/10/evernote-ceo-apps-will-become-obsolete/

2 comments | 3 points | by WazanovaNews 3年弱前 edited


Jshiike 3年弱前 edited | ▲upvoteする | link

ここ最近、「モバイルではアプリが圧倒的にトラッフィクを占めてきていて、ウェブが劣勢。」という記事が日米いずれでも話題になってますが、Chris Dixonがブログで下記の問題提起をしたように、モバイルでウェブが復権してほしいと思っている開発者はそれなりにいるかと。

もっとも恐ろしいのが、理由を言わず、もしくは根拠なしにアプリがリジェクトされること。(例えば、AppleはBitcoin関連のアプリを全てリジェクトしている。)我々は、ウェブのオープンなアーキテクチャのおかげで素晴らしい実験の場を享受してきた。創業時点では物議をかもしたスタートアップはたくさんあったが、もしAOLなどの当時のゲートキーパー的な事業者がウェブをコントロールし、開発者がGoogle / YouTube / eBay / Paypal / Wikipedia / Twitter / Facebookなどをつくるときにゲートキーパーの承認が必要だったとしたら、今の世の中はどうなっていただろうか。悲しいかな、現在モバイルが進んでいる方向がこれである。

アプリが優勢になっている理由の一つに、日本は例外ですが、そもそもモバイルのネットワークがつながらいということもあると思います。日本が3G以上のネットワークに移行していった当時は、「どんどんつながるようになってきた。」というポジティブな体感がありましたが、米国では変化が遅すぎて、モバイルのネットワークがよくなるかどうかについては相当悲観的になります。SoftbankがSprint/T-Mobileのディールを成立させて状況が改善すればよいなとちょっと期待してます。

つながらないのが当たり前な状況の中で、EvernoteやPocketのようなオフライン利用ができるアプリのメリットは大きく、エンドユーザとしては、「当然アプリだよね。」という気持ちになります。

このような前提の中で、このCNNの記事はタイトルが "Evernote CEO: Apps will become obsolete" だったのですぐに釣られました。ただし、内容は釣りではなく、自分があまり深く考えていなかったポイントに気づかされました。

今後、TV / ウェアラブルからはじまり、世の中のあらゆる機器がネットに接続されるようになります。EvernoteのCEOのPhil Libinは、そうなるとセッション時間が短くなっていくので、アプリを使うようなシーンではなくなるとみています。

サイズが小さく、スピードが早く、利便性が高いコンピュータシステムに移行するたびに、セッション時間は短くなっていく。デスクトップからラップトップへ、そしてスマホやタブレットに、今やウェアラブルやあらゆるコネクテッドデバイスに移ってきている。デスクトップやラップトップは2, 3時間、スマホは一回に2, 3分だけど、1日50回使う。長いセッション時間のコンピュータは、ファイルやDBのあるパワフルなソフトがぴったり。モバイル電話だと2分程度のやりとりを前提としたアプリが向いている。

しかし、ウェアラブルとなると、セッション時間は2分から2秒になる。チャレンジなのは、一回で1秒、1日1000回というアクセスパターンで、どのように意味をなすものを提供できるのか。1秒しかやりとりが続かないと、アプリを使うということは考えないので、ウェアラブルの世界ではアプリは関係なくなる。

「ウェアラブルはそもそもキラーコンテンツがないよね。」という声も聞きます。腕時計や眼鏡が最終型でなくても、将来はあらゆる機器がネットにつながるようになるというのは揺るぎない流れだと思うので、短いセッション時間が意味をなすコンテンツを考えられるかどうか。そのようなデバイスは、ログ収集的な役割に留まり、ゲーム / ユーティリティソフト / ビジネスソフトはスマホより小さなものにはなかなか浸透しないのでしょうか。それとも小さなデバイスに合ったコンテンツをつくりだすことができるのでしょうか。アプリからまたウェブに回帰する揺り戻しは、コンテンツソリューションを見つけられるかどうかという事業者 / 開発者側の課題。(デバイスごとに役割の違うゲームなんかはつくれそうな気がします。)

もしくは、大逆転で、世界のモバイルネットワークが飛躍的に改善されて、スマホでのウェブ利用がストレスなくなるとなれば嬉しいですが。

いずれにしても、エンドユーザにとっては、問題を快適に解決してくれる最適なデバイスを選択するだけのことなので。


Jan-Mar/2014: ワザノバTop25アクセスランキング


#evernote

WazanovaNews 3年弱前 edited | ▲upvoteする | link

ウェアラブルなどあらゆる機器がネットに接続するようになり、セッション時間が更に短くなったときのウェブサービスを考えるにあたっては、このRecodeの記事 が参考になります。

デジタル機器を使いこなすことができる我々の世代を「デジタルネイティブ」とし、その次にくる世代を、個人の好みや習慣にあわせてもっと賢く & シームレスにデータが提供されることが当然となる「データネイティブ」と定義しています。

デジタルネイティブはテクノロジーで何ができるのかに関心があったが、データネイティブはテクノロジーが彼らのために何をしてくれるのかに関心がある。

  • デジタルネイティブは、(Googleが買収したNestのような)温度調節機をプログラムするが、データネイティブは温度調節機が自ら必要なアクションをプログラムすることを期待する。
  • デジタルネイティブはスタバのモバイルアプリを利用して、飲み物を買う。データネイティブは、自分の好みのスタバの飲み物が、飲みたくなるタイミングでお勧めされることを期待する。
  • デジタルネイティブは赤ちゃん用のモニターを寝室に設置して、子供の様子が問題ないか確認する。データネイティブは、そのモニターがクラウドとつながり、世の中の赤ちゃん全体の状況データをもとに、泣きはじめる確率を計算して、知らせてくれることを期待する。

車の自動運転から、精度の向上したレコメンデーションシステムに至るまで、クラウドのデータ分析をもとに、人間の考える / 判断する / 操作するというプロセスをもっと代行してくれるサービスが発達していくという話。

これを元に考えると、現在のモバイルのアプリは、人間が「一定時間考えて、判断し、操作する。」ことが前提になっているとサービスだと思います。ですから数十秒というセッション時間がまさにぴったり。

一方、ウェアラブル並みの小さなデジタルデバイスに移行していくと、「考える、判断する、操作する」というプロセスをサーバ側がデータ解析をもとにもっと代行してくれるようになるので、機器としての役割は、

  • 膨大なログデータの収集
  • フィードのように流れてくる精度の高い結果情報やレコメンドされるアクションを数秒で確認
  • 音声などでの短時間での指示

になる。つまり、数秒のセッション時間がぴったりのデバイスにふさわしいかたちに進化したサービスがでてくると予想できます。

Back