リスクだと思うほどリスクの高いことはない

http://unschooled.org/2011/03/what-sam-altman-taught-me-about-risk/

1 comment | 2 points | by WazanovaNews 3年以上前 edited


Jshiike 3年以上前 edited | ▲upvoteする | link

Hacker School のNicholas Bergson-Shilcockが2011年のブログで、Sam Altmanからもらったアドバイスについて語っています。

nothing is ever as risky as you think it is. (リスクだと思うことほどリスクが高いことはない。)

リスクにつまずいて失敗すると「リスクを把握できてなかった。見過ごした。」と後から厳しい評価を受けます。また逆に、「こんなことになる可能性があるからやめておけ。あんなことになる可能性があるからやめておけ。」と自称 "経験"から老害的な批判をすることで、良い提案の芽をつぶしてしまうこともありえます。本当にどれくらいのリスクなのか、得ることができるメリットと比較してどうなのか、冷静に判断しなくてはいけません。

このアドバイスは、リスクをあまり考えるなということではなく、リスクの特性をうまく切り分けて判断すべきだというのがポイント。

「リスクには客観的なリスクと、主観的なリスクがあって、主観的なリスクは躊躇しているだけで、失敗して恥ずかしい思いすることを嫌がって成功したときのアップサイドを取り損ねているということもありうる。リスクを感じたら、客観的なリスクか主観的なリスクかを考えるべき。自分のプライドが邪魔をして、主観的リスクに出くわして、思い切った判断をできないということが案外多い。」ということかと。


できる人の定義


#働き方

Back